« 星のブランコ・ナイトウオーク | トップページ | 来たー »

憧れの涸沢カール

 

念願の涸沢カール それも一番のシーズン紅葉を見てきた この時期 KISSのチケット並みに 2つしかない山小屋の予約

Pa070183

必死のパッチで4日がかりで涸沢小屋ゲット 涸沢小屋と明神館の2泊 出来れば 徳澤か横尾が理想だが…その辺は無理だったわ

ここ数か月 連休前は雨模様が続き 今回も予報は木曜日雨60%金曜日に至っては80% 土曜日が50%で曇雨と言う半端な予報 なんせ

富士山、木曽駒、大台と雨で流れていたので

ダメもとで今回は慣行

今回は友人と雨の上高地観光と言うことで 装備を一応揃えて出発

あかんだな駐車場から上高地入り 実際 近年1度は上高地入りしているのだが 1泊目の明神館から先は未開地

YouTube等で何度も何度も予習して見ていたが どうなるのやら

金曜日は朝から予報通り恨めしの雨 土曜日の予報も60%の雨模様 友人と残り40%を賭けて 雨がガスの中出発

明神から徳澤、横尾間は案外緩い上り返しがある・・ 足慣らしと言うが素人には削られる

雨の中 下山の方も多数すれ違う・・・皆目が死んでる・・・・・ それも後期高齢者の方ばかり・・・…凄い 我々も・・・・・そうなるのか??

横尾大橋を渡ってすぐ お猿さんがお出迎え 写真は寒すぎて撮れず残念

すぐさまガレ場が見え隠れ‥

始まるぞー

淡々と目の前のガレ場をこなすも本谷橋手前で 浮石に足を取られて・・谷側に1Mほど転倒・・まだ樹林帯なので助かった

(腫れが引かなくて結局帰って病院に行くと左手人差し指にヒビが・・)

先が思いやられる 本谷橋まで何とか進めたが

Pa070179 ここからが噂の本番 実は後から聞いた話しで 我々の後ろ5分位後で登ってきた方が あんたら・・・気が付かんかったか? 熊おったやろ・・て・・・ 川挟んで10M位におったやろ イヤイヤ‥気が付かんかったわ・・ やはり奥深い山中

補給も2RANや即効性のカロリー高めの行動食で凌ぐ 涸沢ヒュッテの流しを見てから元気も出るが またそこからが長い 既にボロボログダグダ 本谷橋から分岐まで3時間経過 紅葉も見る暇もなく

無事に涸沢小屋に到着 聞く所 水曜日の夜に初冠雪とかで

穂高連峰はうっすらと雪景色 到着時には風と雨が一段と強くなる

明日が・・・思いやられる・・・トホホ

部屋も個室に変更してもらう

山小屋アルアルの暖房無しの各部屋 震える体を毛布でくるんで暖を取る

すぐさま 乾燥室に向かうも超一杯 皆ギッシリ濡れた衣服を詰めて架けているが 朝まで乾くのか???

夕食後 2人とも即爆睡・・朝まで目覚めず 朝 目覚めて外を見ると???

Pa070176

青空が見え始めている おおおおおおおおおおおおおー

宿泊の皆が声を揃えて・・凄い・・とか言ったか しらんけど

天気予報が覆った 朝から快晴 朝食後は宿の皆 撮影タイム

残念ながら太陽の位置関係で この日は 有名なモルゲンロートは見れず残念

それでも 圧巻 よく言うが 写真やYouTube等で見るより 生がええわ

迫力がホンマ圧巻Pa070170 Pa070167 Pa070172 

しかし 下山の時間 後ろ髪を引かれながら この光景を目に焼き付けて 8時に下山する また3連休なので 早朝から爆音を立ててヘリの荷揚げも盛んに 下山も淡々と足が進むも 下からは バスの始発の方々も続々登ってくる クラブツーリズムの隊列が凄い20人はいたかな すれ違い待ちで結構時間が取られる

この時期の下山がネックやね・・ご注意を

本谷橋付近まで降りると楽なので 7時には下山しないといけないね

何だかんだで横尾大橋まで下山 チョッチ安堵 丁度

横尾大橋先でカウンタを取っている方が 聞く所 土曜日の11時だけで1500人ほど上がったとか

凄いね

後は横尾から上高地まで 無駄に長い

来年は夏シーズンに来よう

ほなまた

 

 

 

 

« 星のブランコ・ナイトウオーク | トップページ | 来たー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 星のブランコ・ナイトウオーク | トップページ | 来たー »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ